北京生活情報

2011年05月25日

马马虎虎

马马虎虎と言えば同志社大学の皆様にはおなじみだが、
今日はこの言葉の成り立ちを教えてもらった。

簡単に言えば、いい加減なオヤジが、
頭が虎で胴体が馬の絵を書いて、
長男には「これは虎」、次男には「これは馬」と説明したところ、

長男は虎を弓で射止めようとして、
他人の馬を殺してしまったことで多額の賠償金を払うはめに、

次男はその辺にいた虎を馬だと思い、乗馬しようとして、
食い殺されるはめになった。

で、
「马虎」は「いい加減な様子」
「马马虎虎」は「そこそこ」とか「ボチボチでんな」

という意味になるそうである。

…有意思。

しかし、「まーまふーふー」って、なんか可愛い。
「むーちん」「ふーちん」も可愛い。

…単に、ひらがなが可愛いのか。
平仮名は日本の発明した偉大な文化だ。

ビバ紀貫之。


ところで、「足を洗う」は中国では「洗手」だそうだ。
考えてみれば日本の表現の方が「?」なのだが、
仏教の僧が裸足で歩くことから、「足を洗う」という
表現になった、という説は本当なのだろうか。

posted by JPAK at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

马马虎虎

马马虎虎と言えば同志社大学の皆様にはおなじみだが、
今日はこの言葉の成り立ちを教えてもらった。

簡単に言えば、いい加減なオヤジが、
頭が虎で胴体が馬の絵を書いて、
長男には「これは虎」、次男には「これは馬」と説明したところ、

長男は虎を弓で射止めようとして、
他人の馬を殺してしまったことで多額の賠償金を払うはめに、

次男はその辺にいた虎を馬だと思い、乗馬しようとして、
食い殺されるはめになった。

で、
「马虎」は「いい加減な様子」
「马马虎虎」は「そこそこ」とか「ボチボチでんな」

という意味になるそうである。

…有意思。

しかし、「まーまふーふー」って、なんか可愛い。
「むーちん」「ふーちん」も可愛い。

…単に、ひらがなが可愛いのか。
平仮名は日本の発明した偉大な文化だ。

ビバ紀貫之。


ところで、「足を洗う」は中国では「洗手」だそうだ。
考えてみれば日本の表現の方が「?」なのだが、
仏教の僧が裸足で歩くことから、「足を洗う」という
表現になった、という説は本当なのだろうか。
posted by JPAK at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

近況報告

北京からはいつも更新できない自分のブログが、
今日は何故かログイン出来たので、近況報告です。

5月14日に北京に赴任し、
学校に通いつつ、北京の街を歩く毎日です。

ようやく少しずつ慣れてきて、楽しくなってきました。
言葉だけでなく、歴史や文化や習慣を学び、どっぷり浸かってみたいと思ってます。

先週は万里の長城に初めて行きました。
広大でさわやかで、貴重な経験でした。

なかなかブログは更新できませんが、元気でやっております。
mixiは頻繁に更新しますので、もし北京赴任記にご興味があれば、ご申請くださいませ。

ではでは。
posted by JPAK at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

あと10日

出国まであと10日なのに、全く片付いておらず、
ビザの申請すらまだ、、、という状況。

時間がなくて、ほとんどの人に挨拶をせず行くことになりそう。
いくら仕事が充実して楽しいとはいえ、
やっぱり時間がなさすぎるのは辛いものがある。

とはいえ、今の仕事は会社の大学生の、
これからを決める責任を背負った重い重い仕事だし、
とにかく真剣勝負の毎日で、やりがいを感じている。

僕の一挙手一投足が彼らの一生を左右する。
人生の大勝負に、人事として関われる嬉しさ。

あと10日、仕事も生活も、精一杯やろう。
posted by JPAK at 00:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。