北京生活情報

2016年07月13日

南スーダン


批判を覚悟で書くと、テロや事件で、「日本人が犠牲になった」ことで日本のマスコミの取り扱いが変わることに、疑問を呈する人も多いけど、僕はそれはけっこう自然なことだと思っている。

皆忙しく一生懸命生きている中で、色んな国で色んなことが起きてたとしても、全てを意識して議論せよ、というのは無理があるし、自分もそんなことは出来てない。

それでも、例えば日本人が犠牲になったり、お世話になった方がそこにいたり、自分の愛着がある土地の問題であれば、他人事とは思えないはず。
何故なら、多くの人にとっては、『「自分の身も、もしかしたら危ないかも」という意識を持つかどうか』が関心を持つかどうかのメルクマールなのだと思うから。

日本人が関わらない件において、その「他人事とは思えない」という気持ちを情勢するには、その土地へ行ったり、友人を作ったりすることが大事なんだろう。(勿論、好きな土地や友人が紛争や災害に巻き込まれるのは悲しいことなのだが)

自分にはたまたまジュバにいる友人がいることもあって、スーダンの情勢を考えている。これを読んでいる人にとって「知り合いの知り合い」だとインパクトは薄いけれど、少しでも多くの人が関心を持って考えることが、少しでも悲劇の抑止につながるのなら、こうやって夜中にボヤいていることにも意味があるかもしれない。

ジュバで平和に向けて闘っている尊敬すべき友人と、新安保法制のもとでプレッシャーを感じながら活動されている自衛隊の方々の安全を祈る。
憲法や安保の議論はまたそのうち盛り上がるだろうが、「現実に何が起きているか」を真っ直ぐ見つめることから、始めようと思う。

「南スーダンに派遣される自衛隊は大丈夫なのか」
http://imidas.jp/opinion/D-40-110-16-07-G550.html

posted by JPAK at 01:33| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。