北京生活情報

2011年03月03日

激動

RMを終えたのが、先週。
最後まで挨拶回りでドタバタしながら、本当に貴重な3年間を
過ごさせていただいたと強く感じ入りながら、お客さん、社内関係部署、
そして同部署への皆さんへ挨拶を重ねた。

積み重ねた日々は、苦悩と歓喜と誇りが入り混じる。
そして、新たなステージは、希望した人事の部署。
新卒の採用を任され、さらにその後は海外勤務の可能性が高くなった。

結婚し、仕事が変わり、新たなる激動の日々へ。
人生は巡る、という当たり前のことが、とても興味深い今日このごろです。
posted by JPAK at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

あと2日

いよいよRM仕事納めまであと二日。
そして近づくは採用戦線。

今日は午前中から夜まで5社を回って、
それぞれにお世話になった方々へ、ご挨拶。

異動の話、結婚の話、その他もろもろ。

またいつかお会いできますようにと、笑顔で左様ならをして。

こういう、人事異動の面白みって、やっぱり奥が深い。
同じ会社にいても、その日を境に、全く生きる世界が変わる。
社内で転職してるようなものだから、異動というのは
合理的で良い制度だなあと思うようになってきた。
勿論生活や家族のことを考えたら、大変なことではあるのだけれど。


2月もあとたった5日。本当に早い。
posted by JPAK at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

ハネムーンを終えて

昨日、無事マレーシアから帰国しました。
ハネムーンは,マレーシアのランカウイ島で、
リゾートを満喫してきました。

初の東南アジアは、食べ物:美味しい、景色:美しい、
自然:癒し系、人:のんびり…と、かなり良い思い出が出来ました。

【ランカウイ島】
関空から7時間でクアラルンプール(KL)、
乗り継ぎでさらに1時間行ったところにあるランカウイ。

色々検討した結果、ホテルに選んだ
フォーシーズンズホテルランカウイは、
熱帯雨林の中にあるような静かなホテルで、
動物たちの動く音以外、ほとんど何も聞こえない。
さらに、歩いてすぐ白い砂浜と真っ青な海があって、
心から落ち着くことのできる場所。

カヤックでマングローブ樹林の探検も行い、
大自然の中で全ての喧騒を忘れて、
コウモリだらけの真っ暗な洞窟に潜入したり、
マングロープの海へ飛び込んだり、
生まれて初めて夜光虫を見たり、
とにかく自然を感じる、という貴重な体験もした。


【クアラルンプール】
初めてのマレーシアの首都は、他のアジアの都会と同じく、
車も人も多く、ビルもたくさんあったけれど、
街中に自然も多く、建築等はイギリス文化もマッチしていて、
独特の魅力ある街であった。

マレーシア全体を通じて、
豊かな自然があり、
多様な民族と文化が融合しており、
ナシゴレンやミーゴレン、カレーや中華等、
とにかくご飯がおいしい、という印象。

ゆっくり式や披露宴の準備で疲れた身体を癒し、
日本に戻ってきた。

明日から、新しい日常が始まる。
ランカウイ島のワシのように羽ばたきたいものである。
パタパタ。
posted by JPAK at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

結婚式が済んで

本日、無事結婚式を執り行うことが出来ました。

ひとえに、皆さまの応援とご指導のおかげだと思います。

色々ありましたが、出席者の皆さんが楽しそうに話しているのを
見て、本当にやって良かったなぁと新婦と話しています。

一世一代のヴァージンロード行進は、
緊張したけど、お義父さんや本人の気持ちを
しっかりと引き継ぐべく、踏みしめて歩きました。

ああしかし疲れた、、、新婚旅行で羽伸ばししてきます。
posted by JPAK at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

結婚式

今から行ってきます。ドキドキ。

天気は晴れ。有難し。
posted by JPAK at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

丸に方喰

IMG_5448.JPGIMG_5513.JPG結婚式当日は、和装しないことに決めたので、
こないだ前撮りで紋付袴というやつを着てみました。

家紋もつけてもらって、
豪華な衣装で京都の祇園界隈をうろつきまわっていると、
おばちゃんや外国の観光客や円山公園のハトが集まってきて、
さぞかしスター気分。

一番の傑作は、坂本竜馬+中岡慎太郎の石造の前で
同じ格好をして撮った写真なんですが、
こちらは直接会った方にだけお見せします。

ということで、式まで一週間となり、焦る毎日。
仕事も転機になりそうで、まあ色々と慌ただしいです。

でも、土曜日の深夜に妻と飲むビールは美味。
posted by JPAK at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

入籍

2011年2月2日、正式に婚姻届を提出し、所帯持ちとなりました。

責任感に身震いするような思いです。

そうしてみんな生きていくんだね。

これからも宜しくお願い致します。
posted by JPAK at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

戸籍謄本

先日、戸籍謄本を入手したのだが、考えてみたら、
自分の戸籍謄本をきちんと見るのは初めてだった。
(他人のものは前の仕事で何度も見ているが)

それで、僕は四人兄妹(姉弟)なのだけれど、
兄が僕が生まれるもっと昔に亡くなっているので、
僕の個所には二男と表記されている。

当然、籍を出ていった人には「×」がつくので、
結婚した姉と、亡くなった兄にはそれがついている。

その手書きの文字と記号が、何故だか僕の目に焼き付いて離れなかった。
当然、親の籍からは僕も間もなく脱退して、自分を主とした
戸籍を、婚姻する方と作るわけで。
当然、相手も親の戸籍から抜け、その記号がつくわけで。

妹にだって、いつかはその記号がついて、
やがて、親2人だけの戸籍となる。

そんな、何十年後かのことを想像して、
きっと、その時に現在を思い出すんだろうな、と思ったり。

そして、亡くなった兄のことを、
思い出せるはずもないのに、思い出そうとした。

僕に人より何か少しでも優れている所があるのだとしたら、
それはきっと兄のおかげなんだろうと思う。

戸籍謄本なんて、物理的にはただの書類なんだけれど、
親とか、姉、兄、妹、
そしておじいちゃんやおばあちゃん。
間違いなくそのつながりの中にいるんだよなぁ、、、っていう
意識を、久しぶりに感じられた。

兄が生を受けた日に、そのちょうど29年後に、
僕は新しい戸籍を作ることになる。
それはただの偶然だったのか、今でも見守ってくれている、
という証拠だったのか。

何にせよ、あと少しで色々なことが大きく変わる転機だと強く感じる。
久しぶりに、落ち着かない最近である。
posted by JPAK at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

ノルウェイの森

先日ようやく観ることが出来た。

僕は村上春樹氏のファンというわけではない(と思う)けれど、
この映画は、何となく観てみたかった。

小説の幻想的な雰囲気を、どのように映像化するのか。
あの難解な人間描写を、どのように役者が演技するのか。

ネタばれしない程度の感想としては、
原作を読んだことがない人は意味が分からないので、
その点がどうかと思った。

そういうつくり方をすること自体は悪くないのだが、
それならそうと、しっかり読み込んできてください、と
アナウンスすべきだと思うのだ。

そして、読み込んだ人にとっては、
色々不満も残る内容だったように思う。

僕としては、何よりレイコさんなんだけれど、
やっぱり永沢さんの魅力も、緑の魅力も、
描き切れていないような気もする。

勿論良い所もあったのだけれど。
松山ケンイチは凄いなあってのが、とりあえずの感想。


映画にするなら、5時間くらいにすれば良いのにねぇ。

「海辺のカフカ」とか「ダンス・ダンス・ダンス」とか、
映画化してくれないかな。

駐車場で魚がピッチピッチうごめく図を見てみたい。
posted by JPAK at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

Meisterstück 149

ケネディ元大統領が、アデナウアー元西独首相に対して、
調印式の時に貸してあげたのが、
モンブラン社の「Meisterstück 149」という万年筆だったらしい。

一生使えるものが欲しくって、色々検討した結果、
結納返しとして万年筆をいただいた。
それが、上記の「Meisterstück 149」。

今まで万年筆を使ったこともそんなに無いけれど、
初めて持つ万年筆が世界でも認められたモデルだということで、
今日から万年筆マニアになろうと決意しました。

思ってた以上に奥が深い万年筆の世界。。。
調べていると、なんだか興味が沸いてくる。

万年筆トークがしたい!!
posted by JPAK at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする